1人の嬢に入れ込む風俗遊び

1人の嬢に入れ込む風俗遊び

投稿日:2015年10月15日 カテゴリ:未分類

どちらかというと世の中の言葉で言うところのブサメンである僕は、当然のことながら彼女などいるはずもなく、欲求不満が溜まってくると風俗のお世話になるのが定番でした。いつしか風俗常連になって、気に入った女の子もできて、その子一本やりの指名になったこともあります。多分、心のどこかでこんな子が彼女だったらいいのに、と思っていたのでしょう。でもその子は店の人気ナンバーワンでしたから、予約をとるのも一苦労でした。予約が取れてやっと会えても、今まで他の男にいやらしいことをされていたのか、と思うと嫉妬心からついついプレイもねちっこくなってしまいます。彼女は仕事ですからにこにこしていましたが、ちょっと迷惑がられていたのではないでしょうか。それでも彼女の超絶フェラや体中を触っていく優しいタッチの愛撫が始まると、嫉妬心も忘れてのめり込んでいきました。可愛いらしい声で、また呼んでねと言われると、つい次の予約を取ってしまったものです。